人気のキーワード

自動車保険の契約者と記名被保険者の違い

スポンサードリンク

自動車保険には契約者と記名被保険者があります。

契約者と記名被保険者に同一人物がなるのであれば違いを気にする必要はありません。別人の場合は違いをおさえておきましょう。

契約者と記名被保険者

契約者は自動車保険を契約する人です。保険契約を交わしているので、契約者が保険料を支払わなければいけません。

自動車保険の被保険者は補償対象になる人のことです。その中で、保険証券の賠償被保険者欄に記名する被保険者記名被保険者といいます。

生命保険なんかと違い、自動車保険は複数の被保険者がいる場合がほとんどです。例えば年齢条件など補償範囲を限定する契約をしていなければ、対人賠償・対物賠償の被保険者は以下のようになります。

対人・対物賠償の被保険者

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子

このように記名被保険者をもとに被保険者が決まります。記名被保険者が変われば、被保険者も変わるので、自動車保険において記名被保険者は重要です。

補償を受けるために被保険者は把握しておく

自動車保険を使おうと思ったが、補償対象外だった……」とならないためにも、被保険者の把握はきちんとしておかなければいけません。

記名被保険者に変更があれば、被保険者の範囲が変わってきます。例えば、同居の子どもに変更した場合。配偶者は関係性が変わりますが、同居の親族ということで被保険者のままです。でも、他に一人暮らししている未婚の子どもがいれば、その子どもは被保険者から外れてしまいます。

記名被保険者が変わらなくても補償対象となる人が変わる可能性もあります。例えば、子どもが実家から離れたとき。未婚の場合は変わらず被保険者ですが、結婚にともなって別居した場合は、被保険者になりません。また、離婚すれば配偶者ではなくなるので、被保険者から外れる人が出てくるでしょう。

被保険者が変わってくるような環境の変化があれば、補償対象外になっていないかのチェックが必要です。また、年齢条件を設定するなど契約内容を変更することで保険料を下げれますし、自動車保険を見直してみる良いタイミングかもしれません。

スポンサードリンク

月間アクセスランキング