人気のキーワード

自賠責保険だけでは不十分?任意保険に加入する必要性

スポンサードリンク

自動車保険には自動車賠償責任保険(自賠責保険)任意保険があります。

自賠責保険は車を所有していると加入が義務付けられている強制保険です。加入していないと懲役・罰金という罰則もあります。一方で任意保険は言葉どおりで、加入の義務はありません。

任意保険に加入するには保険料を払う必要があるので、「入らなくていいのであれば加入したくない」と考える人もいるでしょう。でも、任意保険にも加入する必要はあります

自賠責保険は補償範囲が少ない

自賠責保険は、自動車事故の被害者を救済することを目的としています。

自賠責で補償されるのは他人への損害に対してだけです。保険の種類でいうと対人賠償保険のみ。相手の車の損害や建造物の損害、自分自身や搭乗者の傷害や自分の車の損害は補償されません。

補償範囲を見ると、自賠責保険は十分な補償が受けられるとは言えません

物損事故の損害は、高額になる可能性があります。相手方の車の修理費用をイメージしていると、桁が2つ、3つ違うかもしれません。

過去の判例では、電車に被害が出た物損事故では1億を超す損害額が認定されました。乗用車が建造物を損壊させた事故でも、認定損害額が1,000万円~2,000万円の判例が出ています。

こういった対物賠償に対して無保険状態ということだけでも、任意保険でカバーする必要性がわかると思います。

自賠責の対人賠償ではまかないきれない

自賠責保険は補償範囲だけでなく、補償額を見ても十分とは言えません。

自賠責保険の対人賠償は無制限に補償されるのではなく、上限があります。支払われる保険金限度額は以下となります。

傷害(ケガ)による損害 最大120万円
死亡による損害 最大3,000万円
後遺障害による損害 最大4,000万円

自賠責保険の年間保険料が約16,000円程度ということを考えると、結構な額が補償されるように思えますが、損害賠償額を考えると十分だとは言えないのです。

損害賠償額の高額化

人身総損害額の高額判例を見ると、物損事故の損害額よりも高額の判例が並びます。

被害者が41歳開業医のケースが5億円超と最高額で、他にも開業医や経営者、学生が死亡、後遺障害となった事故で2億~3億円の損害額が認定されるなど、損害賠償額は高額化しています。

損害賠償額が高額化する理由に逸失利益が挙げられます。

逸失利益(いっしつりえき、英: Lost profit)は、本来得られるべきであるにもかかわらず、債務不履行や不法行為が生じたことによって得られなくなった利益を指す。

逸失利益 – Wikipedia

簡単に言ってしまえば、被害者が事故にあっていなければ、生涯で得られていたであろう収入。ですから、開業医など高所得者や活動できる期間が長い高校生や大学生が被害者のケースで高額な損害額となっているのです。

万が一の場合、支払限度額のある自賠責保険の対人賠償ではカバーできません

任意保険に加入していないと加害者・被害者双方が困る

任意保険に加入していなかったために被害者に対して損害賠償できない。そうすると、被害者や被害者家族は困ります。

また、被害者に対して高額な損害賠償をしなければいけないということは、加害者や加害者家族も困ります。

加害者といっても過失100%、加害者側の責任が100%のケースばかりではありません。運転中に危険を予知して事故を避けることは大切です。でも、自分がどれだけ慎重に運転していたとしても、事故を完全に回避できません

高額判例でも、酩酊状態の被害者が道路に立ち入ったり、信号や横断歩道のないところを被害者が横断したりして衝突した事故がいくつもあります。珍しい事例では決してなく、一歩間違うと自分が加害者の立場になる可能性も十分ありえるでしょう。

自分が被害者になったとしても、加害者になったとしても、困難な状況を回避するために自動車保険は重要です。加入が義務付けられている自賠責保険でカバーできので、補うためにも任意保険にも加入する必要があります。

スポンサードリンク

月間アクセスランキング