人気のキーワード

自動車保険の主流となっている「リスク細分型保険」とは

スポンサードリンク

現在の自動車保険は、多くがリスク細分型保険になっています。リスク細分型とはどういった仕組みなのでしょうか?

リスク細分型という仕組みによって、保険料を安くおさえる選択肢が多くなっています。基本的な部分になりますが、きちんと知っておくようにしましょう。

リスク細分型保険とは

自動車事故は細かく統計データがとられています。どの年代が多いかとか、事故歴があるかどうかとか、どういう車種・型式が事故率が高いとか、修理費用が高い傾向にあるとか。

事故のリスクを各項目で細かく区分し、統計に基づいて事故リスクの度合いを保険料に反映するのがリスク細分型保険です。

保険料に違いを付けてよいリスク要因として、保険業法施行規則では以下の9つを定めています。

保険料に差がつく9つのリスク要因

  1. 年齢
  2. 性別
  3. 運転歴
  4. 営業用、自家用その他自動車の使用目的
  5. 年間走行距離その他自動車の使用状況
  6. 地域
  7. 自動車の種別
  8. 自動車の安全装置の有無
  9. 自動車の所有台数

年齢を考えるとイメージがつきやすいかもしれません。10代の保険料が高いのは、運転免許を取得したばかりの運転初心者が多く、事故を起こす可能性が高いからです。

優良ドライバーの保険料は安くなるが……

リスク細分型が主流になってきたのは、保険料が一律だと不公平になるからです。事故のリスクに応じて、それぞれが保険料を負担すべきという考え方が根本にあります。

事故リスクの度合いを保険料に反映するので、事故の可能性が低い優良ドライバーは保険料が安くなります。一方で、事故を起こす可能性が高いドライバーは保険料が高くなります

そもそもの話、損保会社の立場からすると、保険金を支払う可能性が低いドライバーに加入してもらいたい。契約期間中に無事故であれば保険金を支払わなくて良いので、ビジネス的に優良顧客なのです。

逆に、事故を起こして保険金を支払う可能性があるドライバーは加入してもらいたくないはず。自動車保険を使われると、保険料以上に保険金を支払わなければいけない可能性が高いですからね。

ですから、保険料が安くなるかどうかは自分次第。リスク細分型だから保険料が安くなるわけではありません

リスク要因は保険料を安くできるポイント

保険業法施行規則で定められている9つのリスク要因のどういったところで保険料に差が出るのかを意識して自動車保険を選ぶと良いと思います。

例えば、性別、地域はどうしようもありません。年齢や運転歴も自分で変更することはできませんが、年齢に応じて年齢条件を付けることで保険料を下げれる可能性があります。また、自動車の年間走行距離や使用目的でも保険料は変わりますから、週末しか運転しない人なんかは保険料が下がるポイントになります。

一方で、自動車の種別は車種や型式ごとにクラス分けされていて、事故件数の多い車種や修理費用が高い車種は保険料が割高になります。乗っている車ですでに決まってしまっているのですが、車の買い替えを検討している時に参考にすることで保険料を下げることは可能です。

自動車保険によっても保険料は違いますが、このような契約条件によっても保険料は違ってきます。どの損保会社が良いのかと考える前に、まずは補償が十分に受けられて保険料を安くできる契約条件を考えることが重要です。

スポンサードリンク

月間アクセスランキング