人気のキーワード

相手への賠償である対人賠償と対物賠償は無制限を選ぶ

スポンサードリンク

任意保険で基本補償としてセットされている対人賠償保険と対物賠償保険。加入するかどうかの選択肢はありませんが、補償限度額を選ぶことができます。

補償限度額が低ければ保険料を安くすることができます。でも、対人賠償保険と対物賠償保険、どちらも限度額のない無制限を選ぶようにしましょう。

Index

対人賠償保険とは

対人賠償保険とは

対人賠償保険とは、自動車事故で相手がケガをしたり、死亡したりした時に補償してくれる保険です。

被害者を救済するための重要な保険なので、自賠責保険も対人賠償ですし、任意保険でも基本補償として含まれています。

また、無免許運転や飲酒運転のように法律をおかしたとしても、相手方へ保険金が支払われます

対人賠償の補償範囲

対人賠償では事故の相手方がどんな人であれ、補償されるわけではありません。他人を死傷させた場合に限って補償されます。

他人=被保険者以外の人」と定義されていて、被保険者やその家族などが事故の相手方となった場合は補償されません。

  • 記名被保険者
  • 被保険者の配偶者・子供・親
  • 被保険自動車の運転手、その配偶者および子供、親
  • 被保険者の業務に従事している使用人

例えば、家族が運転している自動車との事故だったり、駐車場内で家族と接触してケガをさせてしまったり。こういった場合は、対人賠償で補償されないので注意しましょう。

自賠責には補償限度額がある

自賠責保険も対人賠償保険ですが、補償限度額があります。任意保険の対人賠償は、自賠責の補償額を上回った場合に、超過分を支払限度額内で補償してくれます。

例えば、事故の被害者が死亡してしまった場合。自賠責の補償額は最大3,000万円です。損害賠償額が5,000万円であれば、超過した2,000万円を任意保険でカバーするということになります。(支払限度額の範囲内で)

そもそもの事故の損害賠償額が億を超す高額になるケースがあるので、自賠責でも補償されるとはいえ十分ではありません。

対物賠償保険とは

対物賠償保険とは

対物賠償保険とは、自動車事故で他人の財産に損害を与えてしまった場合に、補償してくれる保険です。自動車や建造物が財産にあたります。

直接損害と間接損害

物損事故の損害賠償額を計算するにあたり、直接損害と間接損害という考え方があります。

自動車や建物の修理費用など、事故によって直接生じた損害のことを直接損害と言います。直接損害は単純で、損害額も可視化しやすいです。

一方で、事故によって逸してしまった利益のことを間接損害と言います。バスやタクシーなど商用車や商業施設に損害を与えてしまった場合は、修理にかかった費用を賠償すれば良いわけではありません。

修理するまで営業できなければ、その間の利益を逸してしまうことになります。対人賠償でもあった逸失利益です。商業施設の場合はランニングコストがかかっているので、人件費など休業によって生じた損害も賠償する必要があります。

対物賠償の補償範囲

対人賠償と同様に、対物賠償も補償されないケースがあります。

補償されるのは他人の財産に損害を与えた場合なので、以下の人が所有しているものに対しては補償されません。

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子
  • 記名被保険者の使用者
  • 記名被保険者の承諾を得て被保険自動車を使用・管理中の者

例えば、家族が運転している自動車との事故だったり、車庫入れで家族の車と接触したり。こういった場合は、対物賠償では補償されません。もちろん、事故で壊れた自分の車の修理費用や自宅の損壊に対する改修費用も補償対象外です。

対人賠償・対物賠償は無制限を選ぶ

対人賠償も対物賠償も補償限度額を選ぶことができます。補償限度額を下げれば保険料も安くできますが、無制限を選ぶようにしましょう。

そもそも損害賠償額の高額化によって、対人賠償は三井ダイレクト損保のようにデフォルトで無制限となっている損保会社も多いです。

対物賠償は「2,000万円まで」「5,000万円まで」など選べますが、物損事故も商用車や商業施設が関わってくると高額な損害賠償額になる可能性があります。対人賠償と同じく、対物賠償も無制限を選んだほうが良いでしょう。

実際、損害保険料率算出機構のディスクロージャー資料によると、平成26年度の統計で対物賠償に加入している自家用乗用車(普通・小型)の95.5%が無制限を選んでいます。

スポンサードリンク

月間アクセスランキング